高校卒業後の進学に悩んでいる方必見!専門・大学どっちにする

専門・大学選びガイド

2014/9/11 更新

海外研修や留学制度というと、大学というイメージが強いかもしれません。しかし専門学校にも、専攻に応じて海外の大学や職業学校などで学べる機会を数多く設けている学校がたくさんあります。とくに海外での学びに興味のある人は、大学と専門学校の海外研修、留学の特徴をおさえて進学先選びのヒントにしましょう。


海外研修が豊富

目指す職業に結びつく研修・留学制度

専攻に関連した職業訓練、企業体験を行う海外研修が主流です。なかには語学研修をあわせたプログラムを設けている専門学校もあります。留学の多くは、短期の語学留学や海外の大学の編入学を目的としています。

短期間の海外研修が多い

海外研修の期間は1週間から3週間、留学は1年、2年が多く、時期はおもに春・夏休みなど長期の休みの期間に行われています。卒業時に海外研修を行う専門学校もあります。

海外の専門学校と提携している学校も

海外の大学や職業学校、専門機関(例:医療機関、医療施設)と提携している専門学校が数多くあります。日本の専門学校を卒業後、海外の大学、専門学校へ留学できる制度を設けている専門学校もあります。

語学 アメリカ、ヨーロッパでの語学研修や短期留学 (語学系、旅行、観光系)
美容 フランスやイギリスの美容サロンや専門学校でのヘアカット・スタイリング研修(美容系)
調理 イタリアやフランスのレストラン、製菓・ホテル学校での研修(調理系)
ファッション アメリカのファッションビジネスを学べる大学での研修(ファッション系)
イギリス・フランスのファッションブティックでの職業体験(ファッション系)
音楽 アメリカ、ヨーロッパのアーティストによる音楽指導(音楽系)
美術・建築 海外の建築物を見学する研修(建築系)
海外の美術大学、専門学校への留学(美術系)
医療・福祉 海外の医療機関での職業体験(医療系)
海外の医療、福祉系大学での研修(医療・福祉系)

専門学校から大学への編入学が増

専門学校で勉強してるうちに、大学に進んで学びを深めたいということもあるかもしれません。
大学の編入学のしくみについて、理解しておきましょう。

大学2、3年次へ編入学できる

現在、修業年限2年以上(総授業時数1700時間以上)の専門学校の卒業者について、大学への編入学が認められており、大学の編入学制度によって2、3年次へ進学できます。平成19年度、専門学校から大学に進学した学生は全国で2744人(前年比340人増文科省『学校基本調査』より)。今後、さらに増加することが予想されています。

4年制専門学校から大学院の進学も可能に

平成18年度から、修業年限4年(総授業時数3400時間以上)の専門学校の卒業者は、大学院への入学試験が認められるようになりました。

大学編入学に必要な単位、科目に注意

専門学校から大学に編入学するためには、編入学試験に合格することはもちろんですが、専門学校卒業時の取得単位数・内容が、入学条件を満たしていることが必要です。編入学を考える場合、在学中から編入学の条件となる履修科目や単位をしっかり確認しましょう。専門学校のなかには大学進学に必要な科目、単位を補うための特別なカリキュラムを設けている学校もあります。

recommend

EPARK歯科のツイッター
https://twitter.com/epark_shika

2017/2/27 更新

(c)専門・大学選びガイドAllright reserved.